とりあえずOK

アラフィフ新米介護士のまみんご。
人生の大先輩達に揉まれながら日々奮闘中
仕事 日常 趣味嗜好 etc 
ゆる〜く書いています

過去生とかねヒプノとかね そっち系の話ですよ

こんにちは まみんごです。


ちょっと変わったお仕事をしているお友達が多いんですが
今日はその中の1人 ヒプノセラピストのSちゃんとランチ。
10年も携わってるベテランセラピストですよ。


ヒプノセラピーって簡単にいうと催眠系のセラピーで
潜在意識にアプローチして様々な癒しをもたらす
って言えばわかりやすいですかね。
彼女の場合は 過去生回帰なども取り入れています。

私も一度セッションをしてもらって
過去生だと思われる光景を見て来ましたが
それが確実に過去生であるのかどうか
確証というか、証拠はないんですけど
腑に落ちる。
あ〜だからいつもこんな気持ちになるんだ
だからこんな風に感じてしまうんだ
って腑に落ちる という感じになりました。


あの当時、付き合ってた彼氏に対する自分の思いが
納得できなくて これって何かあるのかなと思ったのがきっかけで
セッション受けたんですけどね。


彼の要求を全面的に受け入れなくてならないような
そんな気持ちになっていて(無意識に)
結構理不尽な要求にも応えて 尽くしていたんですよ
それが全く本来の自分らしくなくてねぇ(笑


でセッションの時見て来たのが
場所はヨーロッパ 多分スペインのガルシア地方か 
人嫌いで人との関わりをあまり持たすに暮らしてた自分と
そんな自分の唯一の友人であった彼。 男同士の友人だった頃の光景。


戦争で街の男たちはみんな兵士としていかなくちゃいけないんだけど
自分は行くのが嫌で、病気だとごまかしてうまく徴兵を逃れたんですが
彼は当然、兵士として行くことになるわけです。
行く前に 彼が近々戦場へ行くことになったよという話をするんだけど
自分は徴兵を免れたんだけどそれは嘘ついてごまかしたんだってこと
結局言いえないまま別れてしまうんですよ。
そして彼は戦死。


その時のショック。
ごまかしたことに対する後悔
唯一の友人に本当のことを言えなかった申し訳なさ
正々堂々としてた友人に比べて狡い自分に対する情けなさ。
後ろめたさ、自己嫌悪。
そんな感情をずっと抱えながら残りの人生を生きていた


というのが見えたんです。

これで 彼に対して感じていた 申し訳なさはここからなんだ
自分が悪いんだから彼には尽くさなくちゃならないんだ
って感じるのはここからなんだなって 腑に落ちたんですよ。
その感情の感覚(うまく表現できないけど)
っていうのが同じでしたから


ほんと彼に対しては 申し訳ないっていうのと自分が悪いんだから
っていう思いがずっと心の底にあったんですよねぇ
よくよく考えてみると そんな申し訳なくなるようなことしてないんですけどね(笑
むしろ逆に、こっちが申し訳ないと思われないとダメな状況だったりしたのに(笑
無意識にそう思っちゃってるんですよね。


で、このセッションからは 本来不必要であった申し訳なさっていうのが
徐々に軽減して必要以上に尽くすのをやめることができましてね。
随分楽になったんですよねぇ 
我に帰ったというか、呪縛が解けたというか・・・
おまけで 自分は狡いという思いの出どころもわかったし

で、この見て来た過去生は本当の過去生なのかどうか
確かめるすべはないんですよね。証拠がない。
そもそも過去生って本当にあるのか輪廻転生ってあるのか
そこんとこからすでに確証がないわけで。。。


でも、腑に落ちて楽になったのは本当なんですよ。
過去生があるのかないか(私は普通にあると思ってますけどね) 
見えたのも自分で作り上げてるだけじゃないのか・・・
いろいろ疑問はあるけど 
とにかく  楽になった
ここが大事なんじゃないかと思ってますよ。


他にも、霊視できる子やプロの西洋占星術師とか九星気学の先生
あ、陰陽師もいる(笑 といろんな職業のお友達がおりますよ〜
いざという時に助けてもらってます(どんな時だw)